顧客に関しては、営業さんよりも営業事務職の方が覚えていなくてはならないこともありますね。営業さんは自分が担当する顧客を覚えておけばいいだけかもしれませんが、営業事務職はメールマーケティング、コンテンツマーケティングなどを通して、すべての顧客のデータを管理することもありますので、ですからこそ顧客は全員覚えておく必要があるのです。電話の取り次ぎにしましても、顧客名をしっかりと覚えているかどうかでずいぶんと変わってきますからね。

だって人によっては何を言っているのかわからない人もいますから。しかしここで顧客名が頭に入っていましたら、一部聞き取りができただけでも「あ、○○社のさん□□さんですね」と、少しのヒントから情報が引き出せるというわけです。

けれど顧客情報がまったく頭に入っていなかったら、「すみません。よく聞き取れなかったのでもう一度お願いします」とお願いしなければなりません。しかし、電話だと尚更音声が不明瞭になりますので、よく聞き取れないことがあるわけです。

ですから再度繰り返してもらったところで、「なんて言っているのかよくわからない」という事態にもなるわけです。ですからこそ、顧客名だけでも頭に入れておいた方がいいのですって。自助努力は必要ですよ。