WEBショップをやる際に最も気を付けた方が良い事は、大切な事はしつこいくらいに明記する、なるべく目立つように明記する事です。ショップを利用するお客さんは案外注意分を読んでいません。ですので、大切な事は何度でもしつこいくらいに明記する必要があります。

例えば、こういう場合のみ送料が無料になりますとか、スマホのメールアドレスで登録する場合はこちらのメールを受信出来るように設定しておいて下さいとかは毎ページに書いておいても良いくらいです。注文画面の一ページのみにしか書かれていないと、かなり高い確率で読んでもらえず、後々トラブルになる可能性があります。

WEBショップを管理していてのトラブルは、お客さんが大切な説明文を読んでいない事で起こる場合が最も多いです。ですので、それを避ける為にこちら側が何らかの手を打つ事がそのトラブルを避ける為に有効です。ちょっとしつこいかなくらいが丁度良い加減となりますので、試してみて下さい。それ以外にも大切な事は文字の色を変えるというのも有効だと思います。そうしたちょっとした努力が見込み顧客の育成につながります