最近では、営業支援ツールを導入し効率化されてきていますが、営業事務にとって、一番大切なのは、営業担当者が気持ちよく仕事ができるよう、縁の下の力持ちとなってサポートすることです。
営業の人たちは、営業のために外出をしていることが多く、お昼は社内にいることが少ない状況です。でも、そんな時に、調べたいことがあったり確認したいことがあったりして、会社に電話をかけてくるときに対応するのは営業事務です。日ごろから、営業担当者の業務内容をよく理解し、外出先からの依頼や質問に答えられるようにアンテナを張っておくことはとても大切だと思います。

また、営業が自分の携帯番号を先方に教えず、先方からは会社に電話がかかってくることも多いと思います。その時に対応するのは営業事務の役目なので、取引先のこともなるべく把握しておく、すぐに営業に連絡を取ったほうが良いのか、帰社してからでもよいのかを的確に判断する、そして、電話をしてきた取引先からの印象をよくするためにも、電話応対の仕方にもよく気を配ることが大事です。

営業事務は、伝票作成などが業務の多くを占めていることもあります。数字を扱うことが多いため、入力ミスのないよう正確さを心がけ、間違いのないようにきちんと内容を理解したうえで伝票作成や入力をおこなうことが必要です。せっかく営業担当者が取引先と築いてきた信頼関係を、営業事務の書類作成のミスなどで損なうようなことがあってはいけません。作成する書類や伝票は、きちんと見直しをして、間違いを起こさないように細心の注意をはらわなければなりません。

また、来客への対応も重要です。営業事務は普段は社内にいるため、営業職ほどかっちりとした服装をしていないことも多いですし、お客さんと直に会うことも少ないので、どうしても経験値が少なくなってしまいますが、お客さんが来訪した時に、失礼のない対応をしたり、ちょっとした世間話に対応できるような会話スキルを持っておくことも重要です。

営業事務は、目立たない職種ですが、縁の下の力持ちとなって営業が仕事をしやすいようにサポートすることで、営業からも感謝してもらえて、評価も上がっていくと思います。

PR|お家の見直ししま専科|オーディオ|住宅リフォーム総合情報|内職 アルバイト|サプリメント|マッサージのリアル口コミ.com|工務店向け集客ノウハウ|SEOアクセスアップ相互リンク集|英語上達の秘訣|貯蓄|初値予想|お小遣いNET|JALカード|ショッピングカート|生命保険の選び方|心の童話|